日清の「焼スパ 下町カレー」が激ウマでリピート確定!

スポンサーリンク


このサイトの管理人は、カップ焼きそばを週に1~2食いただきます。

普段は、日清焼そばUFOとかペヤング、ごっつお麺などがメインです。

スーパーに行くと、スパゲティでもなく焼きそばでもないという中間に位置する即席めんが色々と売られていますが、これまでは気にはなるものの実際に食したことはありませんでした。

初めて見る新顔がスーパーで売られていた!

昨日、近所のスーパーに行くと、何やら初めて見る新顔が売られていたんです。それが、「日清焼スパ 下町カレー」なる商品です。

 

スポンサーリンク

 

私はカレーが好きで、外食でもよくカレーライスや、ナンの美味しいインドカレー店をリピートしていますし、これまたスーパーで売っている1袋20円ぐらいの焼きそばの麺にレトルトカレーをトッピングしていただいたりも時々しています。ですので、この商品を見て即買いしました。

 

スポンサーリンク

食してみた感想は…激ウマ!

さっそく今日のお昼ご飯として、「焼スパ下町カレー」いただきました。

外装フィルムを剥がすと、ふたに調理方法が書かれています。調理時間は、熱湯5分です。

ふたの上部にある湯切口は、熱湯を入れてからでないと綺麗に剥がれないようになっています。

ふたを所定のラインまで剥がします。中には乾燥麺の上に液体ソースが載っています。

液体ソースを忘れずに取り出します。

乾燥麺とご対面。具はちょっと少なめです。

お湯を注ぐ写真を撮り忘れました(◎_◎;)

お湯を注いで待つこと5分。液体スープをかけて、よく混ぜてからいただきます。

 

スポンサーリンク

 

激ウマです。正直言いますと、普通のソースや塩のカップ焼きそばはとても美味しいのですが、味に慣れてしまったのか、感動が薄れてしまっていたんですよね。そこへ今回のカレー味の登場。しかも、麺は焼きそばとパスタの中間に位置する太麺です。カレー特有のスパイスの効いた味と香りが、舌だけでなく鼻でも味わえます。辛さは中辛ぐらいに位置しており、ややピリ辛な味付けで、ほんのりと汗がにじみました。具の量は少なめですが、カレーソースを絡めた麺にボリューム感があるためか、食がどんどん進みますし、それなりに満腹感もあります。

即席めん離れした完成度だと思います

大袈裟だよと思われるかもしれませんが、即席めん離れした完成度だと思います。もし、どこかの飲食店が、この「焼スパ下町カレー」をカップのままではなく、陶器などの器に移し替えてお客さんに提供したとしても、即席めんだとはバレないのではないかと思えるほどです。

大満足です。さっそく私の中ではリピート確定です。

これは個人的意見ですが、もっと内容量が多ければ、もっと満足度が高くなるのではないかと思いますし、若い人からもさらに支持を集められるのではないかと思います。ですので、大盛りもラインナップに追加していただければと思います。

心配なのは、この製品がレギュラー商品なのかどうかという点です。期間限定販売ではなく、レギュラー商品として末永く販売してくれることを望みたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク