驚愕!!「罪を憎んで人を憎まず」飲酒運転職員への嘆願書に違和感

飲酒運転で追突事故を起こしたとして、道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕・起訴された自治体職員に対し、寛大な判決を求める嘆願書が提出されているというニュースが報じられています。この職員が所属する香川県三木町の町長は「罪を憎んで人を憎まず」と話したと報じられていますが、あまりに軽々しい不適切な発言だと思います。