[まとめ]J2徳島ヴォルティスの選手とサポーターによる暴挙と処分

スポンサーリンク


J2徳島ヴォルティス VS ジェフユナイテッド千葉との試合(2017年4月29日)で起きた、徳島の選手とサポーターによるボールボーイへの粗暴行為は、Jリーグの歴史に汚点を残す、前例のない騒動と言えるでしょう。その騒動について、当方がこれまで投稿した記事をまとめました。

徳島の選手とサポーターからボールボーイが受難

試合中にはボールボーイが選手に小突かれ、試合終了後には別のボールボーイが徳島サポーターから「水」を掛けられるという粗暴行為がおこなわれました。[4/29]

[動画2枚]J2徳島の選手&サポーターがボールボーイの少年に暴挙

サポーターが掛けた「液体」は水ではなく「アルコール」と判明

試合終了後にサポーターがボールボーイに対して掛けた液体は、水ではなく、アルコールとみられることを徳島ボルティスが発表しました。また、馬渡選手に対しては、Jリーグ規律委員会の処分が確定するまで謹慎とすることも併せて発表されました。[4/30]

徳島ヴォルティスサポーターがボールボーイに掛けた液体はアルコール

アルコールをボールボーイに掛けた20代男性を無期限入場禁止に

徳島ヴォルティスは、試合終了後にボールボーイに対してアルコールとみられる液体を掛けたサポーター1名(20代男性)を特定し、無期限入場禁止とすることを発表しました。また、Jリーグ規律委員会は、馬渡選手に対して、2試合の出場停止処分を科すと発表しました。[5/2]

スポンサーリンク

[J2徳島]アルコールをボールボーイに掛けた20代男性は無期限入場禁止

個人的な感想

正直、かなり気分の悪い出来事でした。選手としては真剣勝負が懸かっている身ですし、素早いリスタートでチャンスをものにしたかったでしょうから、イライラしてしまったのでしょう。ただ、やはりビデオを見ると、ボールボーイの少年の側に落ち度があるとは思えませんし、百歩譲ってボールボーイのボールチェンジが遅かったとしても、威圧的態度や暴力をふるうことは許されません。ただ、馬渡選手は深く反省しているとのことですので、処分が解けた後はぜひとも試合で奮起していただきたいです。

一方で、別のボールボーイにアルコールを掛けるというトンデモ行為をしたサポーターに関しては、まるで選手の退場や敗戦はボールボーイが悪いとでも言いたげな行為であり、言いがかりも甚だしいです。しかも「怖くなったから名乗り出た」などと言っているようですが、ずいぶん身勝手だと思います。

今回の件では、特にボールボーイを務めた少年へのフォローが必要ですし、スポーツ観戦におけるアルコールマナーについても再考が必要だと感じました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク