北朝鮮ミサイル発射時の鉄道一時休止は過剰対応だと思う

スポンサーリンク


「2017年4月29日午前5時半頃に北朝鮮がミサイルを発射した」との情報により、東京メトロが午前6時7分から全線で一時運転を見合わせました。10分後に運転を再開したとのことです。

また、北陸新幹線も午前6時8分から日本海側の一部区間で一時運転を見合わせましたが、10分後に運転を再開したということです。

過剰反応だと個人的には思います

あくまで個人的な意見ですが、過剰反応だと思います。弾道ミサイルは発射後わずか数分で着弾します。発射したとの情報があってから30分以上たってからの運行見合わせは、おそらく鉄道施設や沿線に被害が出ていないかどうか確認し、被害がないことを確認してから運行を再開するために実施したものだと思います。

ただ、ミサイルが発射された場合、どこに飛んでくるかは即座には分かりません。発射があったという情報が入るたびに、念のために運行を見合わせていたらきりがありません。また、「地下鉄が運行を見合わせるのは、地下に避難してくる人で混雑する場合があるので、念のために運行を止める」という主旨の内容がツイッターで拡散されているようです。そもそも「地下に避難してくる」こと自体、実際に着弾被害があった場合ならばともかく、そうではない場合に避難してくるというのは、それこそ過剰対応だと思います。

 

スポンサーリンク

 

韓国に滞在している橋下徹氏のツイートが非常に興味深い

くしくも、橋下徹氏(※私はこの人物をあまり好きではありません)が、興味深い連続ツイートをしています。その内容に全て賛同というわけではありません(私は「核による抑止力」については懐疑的です)。ただ、今回は平和裏に解決すべきという主張が見て取れますので、是是非非の考えに基づき、引用させていただきます。

とりわけ、ミサイルが発射されたからといって、韓国では普段と変わらぬ日常が営まれ、しかも今朝のミサイル発射があっても、鉄道も止まっていないようです。

 

「ミサイル発射で日本は鉄道運行を止める」というビビりっぷりを露わにした

今回の鉄道路線の一部休止は、安全確認のためという理由があるのだとは思いますが、鉄道会社が取った今回の対応は、結果的に「ミサイルを発射すれば、日本は鉄道運行を止める」というビビりっぷりを露わにした格好だと思います。

下記の記事もよろしければご覧ください

[まるで準戦時体制か]北朝鮮発射ミサイル着弾を想定した注意喚起に対する違和感

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク