東名高速で事故に遭ったバスが搭載している通信型タコグラフが凄い

事故に遭ったバスを運行していた「東神観光バス」では、通信型のデジタルタコグラフ(運行管理記録装置)システムを導入しており、運行状況や映像等の情報がLTE高速通信網を介して、クラウドサーバーに蓄積されるようになっています。この機種は富士通といすゞの合弁会社が販売する「DTS-D1D」という製品です。

Read more